足りない言葉

雪解け風景母のこと
スポンサーリンク

今日は晴れて気温も7度くらいまで上がり、雪解けも進みました。
3月になっても北海道はドカ雪が何回かあります。
しかも少し気温が高いので雪が重たい!
それでも雪かきでもうクタクタ…というのは終わりかな
あとは雪かきせずに太陽に任せて自然になくなるのを待ちます。


冬は朝起きたら先ず積雪のチェック
積もっていると出勤前に雪かきをしなければ、車が出せない時もあるから。

先日も仕事前、急いで雪かきをして家に入ると
母がちょうど起きてきて第一声に
「やらなくていいんだよ」と言われ、少しカチンときてしまった。
きっと「腰が悪いんだから無理してやらなくてもいいんだよ」のことかもしれない。
でも母はいつもやったことに対してこう言う

「ご苦労さん、大変だったね」「ありがとう」とかだったらやったこちらも
気分よくまた頑張ろうと思えるのに、気持ちと裏腹に言葉の第一声は否定なのだ。

椅子

 

 

 

母は言葉が足りないせいで孫(娘たち)にも誤解されやすく、
娘たちもおばあちゃんに対して優しい言葉で話せない時がある。
心配性っていうのもあって言葉は短いが口うるさく言ってしまうから。
私も子供たちも母の言葉の奥の気持ちを理解しようと努めてはいますが、
ついつい冷たい言葉を返してしまう時があります。

そんな時の母はとても悲しそう。

高齢で出来なくなったことが多くなってきて、マイナスな発言も多くなってきた。
自分がやりたいことは誰かに手伝ってもらわなきゃならないから遠慮して、
みんなの為にしてあげられる事はもう言葉で言うしかないと思っている。

居てくれるだけでありがたいんだよ…

私も心配性だから今の母の歳になったら身をもって気持ちがわかるんだろうな
お互い大切な存在なんだから前向きな良い会話をしていこう。

応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
母のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakoをフォローする
50代 雨上がりの空
タイトルとURLをコピーしました