面接は勢い

会社の窓仕事
スポンサーリンク

パートから帰った17時半頃、携帯電話がなりました。
ハローワークに行って申し込んだ会社から面接に来てくださいとの連絡でした。
日時がどうしても合わず、一日でも早く就職したいのに一週間以上も先になりそうです。

突然、何を思ったのか「よろしければ今これから伺います!」と言ってしまってた。
(後で思い返すと自分でもよく言ったなと思う)
相手先もびっくりしていましたが承諾して「では30分後に」と電話をき切った後は
急いで面接用に用意していたスーツに着替え、2月の雪の中車を走らせました。
頭の中も真っ白ですがなぜか緊張はありませんでした。
勢いのみです。
走る動物

 

 

応接室に案内され待っていると怖そうな顔の人が入ってきました。
どうぞと促され座った途端に「自己紹介してください。」
続いて聞かれたことは志望動機やホームページを見た感想とか予想していたもの。
順調に面接が進む中、言葉に詰まった質問がありました。


それは「なぜこの歳で正社員で働きたいのか」という事
何故なら私の履歴書には配偶者の夫の名前があるから。
決っている事とはいえその時点では、まだ引越しも離婚もしていなく相手にしてみれば旦那もいるのに
53歳で正社員にこだわってなぜ働くのか不思議だったようです。

迷いました……

でもその‘こだわり‘の理由がマニュアルにあるとってつけた理由では誤魔化して嘘をついているみたいで
私には説明できなかったのです。
もし入社できたらいずれ分かってしまうこと。
それで「離婚の予定があります」とそのまま伝えました。

面接相手はどう受けとめたのかわかりませんが勢いでいった面接が終わりました。

面接のスーツは通販で買いました。
古いデザインのサイズが合わないスーツは落とされる可能性大。
黒のシンプルなデザインで↓

応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
仕事就活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakoをフォローする
50代 雨上がりの空
タイトルとURLをコピーしました