疲れるモラハラな言葉

疲れペット
スポンサーリンク

飼い犬の半年に一回のエコー検査
元夫と車の中で呼ばれるまで待っていました。
元夫「車の名義のことだけど」
「手続きするのに遠くの軽自動車協会?まで行かなきゃならないんだよ」
元夫が「俺、在宅勤務で行けるからやってきてやるよ」と前に言ってた件です。


きっとあの時は機嫌のいい時だったのでしょう
「SAKOは行けないんだよね。もちろん平日しかやってないから無理でしょ」
「前に行ってくれるって言ってたよね」
「…行ってあげてもいいけど、じゃガソリン代出して
どうして言ってることが気分によってこうも違うのか、ホントに疲れる。
ガソリン

 

 

ガソリン代が欲しくて言ってるのではないのはよくわかります。
私にお願いされたいし、感謝してほしいのだと思います。
そしてあれこれ言う果ての一言が
「SAKOはさぁ、幸せ者なんだよ」
(は?)
「だってさ俺たちもう夫婦じゃないんだよ。それなのに車の支払いしてもらってんだから」
……よく言えたものです。

ややこしい事情が有り、車の支払いは元夫がすることになっています。
飼い犬にかかる諸々の費用も「娘たちにも出させろ」と言ってきたり
決まった事なのに…やはりこの人の言葉はすごく嫌な気分になる
離れなければ気持ちが持たないとあらためて感じます。
私も「そうだね、ありがとう、感謝しています」と流せばいいのに、
今回は呆れて悲しくなり、言葉を失ってしまいました。

応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
ペットモラハラ元夫
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakoをフォローする
50代 雨上がりの空
タイトルとURLをコピーしました