引越しの日は大安希望

春の花離婚の準備
スポンサーリンク

夫に「GWに一緒に引越しをしよう」と言われました。
それぞれの実家に同じ日に荷物を運び出すなんて絶対にスムーズにいくわけない。
それに愛着のある家から離れるのは、引越すまでの時間が長ければそれだけ辛い。
子供達の学校もあるし新年度、4月から気持ちも新たに始めたかったので
3月中には引越しを終えたかった。
引越し

 

年も明け、パート勤務をしながら就活し、引越の準備もしなければならない。

引越価格.comで一括見積をするとあっという間に数社からメールが送られてきました。
あまり聞いた事のない所を抜かし、比べてみましたが結構な値段。

実際に見積もってもらおうと有名な引越し業者に電話すると一社は明日以降、もう一社は
「他でまだ見積もっていないなら是非、これから直ぐに伺います」という事だった。
契約させる自信があるんだろうけど、こちらは何とか値切ろうと思っている。



1時間もしないで営業の若い男の子が来ました。
今って引越し理由を聞かれるんですね、びっくりしました。
夜逃げとか、なにか事件性がないか確認してるんでしょうか

家の中を一緒にまわり運ぶものを言っていくと引越し作業に必要な人数とトラックを
確認し金額を提示されました。
それが想像と違いバカ高い!

しかしそう思わせるのが手で、「他でも見積もってもらいます」と言った矢先、
「今回は特別に」とドンドン金額を下げてくるのです。
確かに最初の提示金額からは30%は安くなり、得した感じ。
お米ももらい、いろんなサービスもつけてくれたし長い時間話して疲れたし
決めてしまいました。(騙されやすい…)



引越しの日は母が「絶対に大安じゃなければダメ!」の主義
でも3月の大安はもう予約がいっぱいで取れず、結局午後でもいいならと平日の
大安に入れてもらいました。
なんとその日まで2週間しかありません。
サービスですと置いていった段ボールの束が引っ越しへのカウントダウンとなりました。

応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
離婚の準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakoをフォローする
50代 雨上がりの空
タイトルとURLをコピーしました