相手の傷はすぐ消えると思ってる

紫の花離婚の準備
スポンサーリンク

バスから降りるとモラ夫が待っていました。
私はいざという時いつでも走れるようにスニーカーとリュックで行った。
久し振りに会う夫の姿は想像と違い穏やかそうに見えます。
その状態を壊さないようにと長年ついた癖で気を使って普通に話しかけてしまう。

バス停から車で5分程で着く社宅は一人で住むには大きすぎる一軒家で
入った途端に古臭いにおいがします。
ここに引っ越す時も大変だったな…
荷物の片づけを手伝えば「どこにあるか俺が分からなくなるでしょ」と言われ
確認しながら片付ければ「そんなこと位言わなくても分かるでしょ」と言われた。
古い家

 

 

夕方に着き、食卓テーブルには私のために準備してくれたというコンビニで予約した
オードブルとケーキ、スーパーの割引になった生寿司が置かれていた。
拍子抜けするくらい何事もなかったように優しく話しかけてくる。

来年は年齢的に出向になるから給料も減る、それが住宅ローンと同じくらいだから
どちらにしても家は売りたい。
高齢のお義母さんのためにも実家に帰って、俺も週末には帰るから居場所をつくって
ほしい。
LINEも読み返すとSAKOに対して酷いことを言っていた。
もう一度やり直したい……と。

心の中で「やり直したいなんて言わないで!」と叫んだ。
夫の提案だけをみればまともな事を言っているように思う。
謝っているし、妻として協力できない私がダメみたい。
でも…
さんざん人を踏み潰し、離婚届も送りつけてきたのにいつものように優しくすれば
簡単に元に戻ると思っているのだろうか

今までとは違う、繰り返すのはもう止める。

人の痛みが分からず、こういう方法しかできないなんて夫も哀れかもしれない。

応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
応援していただけるとすごく嬉しいです。クリックお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
離婚の準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakoをフォローする
50代 雨上がりの空
タイトルとURLをコピーしました